ネットでのご予約・会員登録の方はこちら
施術一覧
このような症状をお持ちの方
腰痛改善1.jpg

腰痛改善2.jpg

















HOME > インフォメーション > 整形外科に関わる症状(ケガなど含む) > 「EMS」の話し。 ダイエットや筋トレをしたい方、腰痛・膝痛に悩まされている方、尿もれやロコモティブ対策としても。

インフォメーション

< 「超短波」の効能、効果について。および使用上の注意  |  一覧へ戻る  |  マイクロバブル【Obleu】を使った時の意外な成果 >

「EMS」の話し。 ダイエットや筋トレをしたい方、腰痛・膝痛に悩まされている方、尿もれやロコモティブ対策としても。

元々はNASAの宇宙飛行士用に開発された方法です。
宇宙空間でも宇宙飛行士の筋肉が落ちないようにするのが目的で
ジッとしている状態でも、電気刺激を加えれば筋肉が落ちないどころか
発達させる事が可能です。
 
最大出力時、最大筋力の1.3 〜1.5倍の運動が可能です。
 
低周波は知覚神経に作用しますが、EMS は筋肉に作用します。
 
電流刺激により、筋肉を太くしたり強くしたりする事ができます。
 
 
 
・スポーツ現場
・脳血管障害(脳梗塞など)のリハビリ
・無重力での筋トレ
・スポーツ選手のトレーニング
・一般人のシェイプアップ、ダイエット
 
などに使うのが有名ですが、
腰痛や膝痛の治療にも絶大な効果をもたらします。
 
動かしているうちに楽になるのがEMS と理解してください。

トレーニング機器のみならず治療機器として絶大な効果があるのです。

肩こり/腰痛/膝痛/各種スポーツ障害 などはもちろん

・メタボリックシンドローム
・尿もれ
・ロコモティブシンドローム 


にも効果あります。

健康維持・老化予防にもお役に立てます。

 
当、松江はりきゅう治療院では
伊藤超短波社製のツインビートを使用しています。
 
ご希望の方には販売(通販も含む)もしております。
ご連絡下さい。

カテゴリ:

< 「超短波」の効能、効果について。および使用上の注意  |  一覧へ戻る  |  マイクロバブル【Obleu】を使った時の意外な成果 >

同じカテゴリの記事

KOOL'N FIT(クールインフィット)について。超音波治療や炭酸ミストとの組み合せは最高!

当院の超〜イチオシ商品をご紹介します。
 
KOOL'N FIT(クールインフィット)
 
ご存知ですか? 国内から消えたと思われている品物です。
まだ日本で探している方結構いらっしゃるんですよね。。。
現在でも入手可能な商品です。
(京都・福岡・大阪・海外などからもお問合せいただいています。)
 
マラソン大会のゴール付近にKOOL'N FIT(クールインフィット)のブースがあって、
試しに塗られた方も結構いらっしゃるかと思います。
 
なぜマラソン大会にブースを出していたかというと、、、

マラソンのみならず、スポーツ後、次の日に疲れを残さないのが可能なのです。
 
例えばランナーは走る前に必ず軽いジョギングやストレッチ(アキレス腱など)をして体をほぐします。
そして、走り終わった後も、すぐに運動を止めず必ず軽いジョギングなどをします。
 
「ウォームアップ」は血行を促進し体をほぐすために行い、
「クールダウン」は開いた血管が急速に閉じるのを防ぎ、
血行を維持することで老廃物を効率よく排除し、疲労回復を早めるために行う

からです。
血行促進によって筋肉を理想の状態に仕上げる最も合理的なプロセスといえます。
 
クールインフィットは
運動前や運動中にスプレーすれば疲れを溜めず、運動中の様々なトラブルを防止し、
運動後にスプレーすれば、翌日に疲れを残さないようにサポートしてくれます。
 
kool fit up&down.gif
走る前は必ずストレッチはやっていると思いますが、
走り終わったあとはいかがですか? きちんとケアしてます?
スポーツ後のケアにも意識を向けるようにしましょう。
ストレッチはもちろんですが、もうそんな気力が残っていない方には
「シューッ」とスプレーしちゃいましょう。
 
だから、マラソン大会でクールインフィットなんです。ヘロヘロになってますからね。
 
繰り返しますが、
クールインフィットを使う事で、ウォームアップ&クールダウンを大いに助ける
のです。
kool_n_fit.jpg
また、、マラソンなどの運動をすると必ず「筋肉痛」が起こりますよね?
筋肉痛には、運動中に起こるタイプと運動後に起こるタイプがあるのはご存知ですか?
 
<運動中に起こるタイプ>は、
 
筋肉への血流が悪くなり虚血状態になって代謝物質が増えて痛みが発生するので、
十分なウォームアップや血行を促進することで予防、軽減させることができます。
 
<運動後に起こるタイプ>は、
 
筋繊維やその周辺の組織が損傷し、その修復に伴う炎症反応から筋肉痛が起こります。
このタイプの筋肉痛は数日で自然になくなるため、
特に対処することは不要といえば不要なんですが、
炎症を抑えるためのアイシングなどで和らげることができます。
 

実はこのような筋肉痛に対して、
2種類のクールインフィットが効果的にサポートしてくれます。
 
ウォームアップや運動中に痛みのでる部分にスプレーできるのが
「クールインフィットSPORT」
であり、運動後の気になる部分にスプレーできるクールダウンタイプが
「クールインフィット」
です。
 
 
「クールインフィットSPORT」

Kool'n fit sport.png
運動前のウォームアップや寒い冬にはメントール感を抑えた
クールインフィット スポーツ
 
たっぷり塗ってすり込むと、ウォーミングアップとして最適。
爽やかな天然ハーブの香りで集中力もアップ!
運動中や休憩時などにもこまめにスプレーして気分もリフレッシュ!
ランナーにも人気のオレンジボトル「クールインフィットSPORT」
 
成分 :
エタノール、水、メントール、ポリソルベート20、カンフル、
セイヨウネズ果実油、セイヨウハッカ油、レモン果実油
 
【ハンディボトル(59ml)】 携帯に便利です。
 
・・・定価1,280円(プラス消費税)
 
【ラージボトル(474ml)】
 
・・・定価4,580円(プラス消費税)
 

 
 
「クールインフィット」

Kool'n fit.png
 
スッキリしたメントール感がスポーツ後のクールダウン・暑い夏に最適。
爽やかな天然ハーブの香りで体も気分もリフレッシュ!
揮発性が高く、べたつかないので、ユニフォームやソックスの上からでもスプレーできます。
 
全身にスプレーしたり、湯船の中に適量入れて香りを楽しむ入浴剤として使ってもOK。
 
 
成分:
40%エタノール溶液、精製水、松の木油、ユーカリ油、薄荷油(メントール)、
楠抽出物(カンフル)、植物油、乳化剤(ポリソルベート20)
 
ハンディボトル(59ml)
・・・定価1,080円(プラス消費税)
 
お徳用ラージボトル(474ml)
・・・定価4,280円(プラス消費税)

 
ハンディボトルはバッグに常備するのに便利なサイズで、携帯に便利。
いつでも、どこでも手軽にスプレーできます。
 
 
 
 
 
 
 
 
kool'n fit.jpg
参考 https://www.koolnfit.com
 
自分は頭痛の時、薬を飲むよりもクールインフィットを首周りにたっぷり塗っています。
短時間で楽になるので非常に助かっています。

また、当院では「超音波治療」をする前に塗って、治療効果を高めています。
このやり方は、スポーツ医学最先端のアメリカでは、ごく普通に行なわれている内容です。

KOOL'N FIT(クールインフィット)を炭酸ミストにして、患部(痛い所)にかける事もしています。
これは、あっという間(数10秒)で楽になります。

 
というわけで、メチャメチャおすすめです!!

頭痛/肩こり/首の痛み/肩・肘・手首・股・膝など各関節部の痛み/
腰痛/背中の痛み/筋疲労/筋肉痛

 
などの症状にお困りの方のサポートになりますよ。


炭酸ミスト及び、KOOL'N FIT(クールインフィット)は「原則」直接当院でお買い求めいただいています。
遠方の方は通販も可能なので、ご希望の方はご連絡ください。
(通販業務を専門としてないので、諸々お時間はかかります)
 
問い合わせフォームはこちら

できるだけ問い合わせフォームをご利用下さい。

最近の話題より:ロキソニンについて

昨日から、あるニュースが駆け巡っています。
それは、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞など-使用上の注意に追記
 
医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、
消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」
(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、
厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。
 
「小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、
観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には
直ちに投与を中止し、適切な処置を行う」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭痛や腰痛の時、ロキソニンを使っている方多いのではないでしょうか。
ロキソニンは私も時々お世話になっています。

パッと読むと、「ええええ!! ロキソニンって怖い!」
となってしまいますが、よく読むとこの記事は「潰瘍」があるのが前提ですね、これ。
 
元々ロキソニンの副作用で胃腸の潰瘍があるのは有名でして、
医療機関でロキソニンを処方される場合、胃腸薬も一緒に処方されます。

胃腸薬を飲むことで潰瘍を防ごうというわけです。

以前、薬剤師さんから
空腹時にロキソニンを飲むと、潰瘍になる可能性が出てくるけど、
食後に服用する分にはそんなに神経質にならなくても大丈夫、と聞いたことがあります。

潰瘍ができると、狭窄・閉塞を起こしてしまうこともあるよー、
という記事なのだと思います。


今後議論が活発になると思いますので、情報収集をこまめにしておく必要がありそうです。

頭痛・首痛の原因となる事が多い、ストレートネック

 
 
正常な首の形は、頚椎前弯(けいついぜんわん)といって、
ゆるやかに前にアーチを描いています。
 
パソコンや事務作業を長時間続けたり、スマートフォンやタブレットを不自然な姿勢で操作するなどして
そのアーチが失われてくると首がまっすぐになりやすくなります。
 
いわゆる「ストレートネック」と呼ばれる状態です。
レントゲンを取ると一発でわかります。
 
首周りの筋肉が少ない、女性に多いパターンです。
(もちろん、女性に限った話ではありません。)
 
ストレートネックならまだしも、
さらに進行すると、逆向きのアーチを描くようになってしまいます。
 
この状態を「頸椎後弯変形(後方ネック)」と言います。
 
肩こり・首痛・頭痛の原因となるのはもちろん、
肩の痛み・腕から手にかけてのしびれの原因ともなります。

 

鍼灸・マッサージでなかなか治らない、首肩こり・頭痛の方に、当院で行っている治療方法のご案内。(新宿中野)

首肩こり(風池・大椎・膏肓).jpg


「大椎」
体の中が冷えている時は「お灸」などでここを温め、
熱病の時はここから瀉法(←鍼灸用語)にて熱を取る。
 
この 「風池」「大椎」「膏こう」 は風邪の時に役に立つツボです。
 
それはさておき、、、

肩こり(頭痛も含む)を治療する時、鍼灸をする前に
私はこのエリアの皮膚を探るようにスライドしながらかなり丁寧に触診します。
筋肉のコリとは別の、「皮膚のコリ」を見つけ出していきます。
 
筋肉を揉みほぐしたり、鍼を刺したりしなくても、
皮膚を柔らかくするだけで深部の筋肉はほぐれます。
 
逆の言い方をすると、
皮膚をほぐさない限り、筋肉のコリは絶対に消えません
 
クィックマッサージなどに行ったり、他所で鍼灸治療を受けても、すぐに肩こりが元に戻るのは
皮膚に全くアプローチしていないから、というのも原因にあります。

 
私の所では、下準備として
・「炭酸ミスト」をまんべんなくたっぷりかけた後に
・大小複数のReFa (S CARAT / 4 CARAT / ACTIVE / for SALON など)を使って表面をほぐします。
 
その後に皮膚〜軟部組織と呼ばれる部分をていねいにほぐしていきます。
 
磯の岩に引っ付いてる貝(アワビなど)をゆっくりはがす、そんなイメージです。

マッサージのテクニックの一つ「スキンロールテクニック」に似ているかもしれません。
 
残念ながら、これは部位的に御自身ではできません。
 
人によっては、かなり癒着してる場合がありますので、結構痛い時があります。

大抵これだけでコリは消えますが、このようにしても取れなかった場合には、
・数本の鍼
・オステオパシーのクラニアルテクニック、抹消神経マニュピレーション
・物理療法(サイバー9000など)
をしていきます。

 
なかなか治りにくい、「肩こり」「頭痛」もスッキリさよならできますし、効果の持続時間も長いですよ。
 
女性の方は、タンクトップやキャミソールをお持ちになっていただくと、
襟もとがゆるくなって治療・施術がやりやすいのでご協力お願いします。



(膝痛の場合もほぼ同様のテクニックを用いて治療しています。後述)

腰痛時、病院・整形外科で撮られるレントゲン(x線)について

腰痛レントゲンガイドライン.jpgのサムネイル画像



腰痛になった時、病院・整形外科に行くと

「まずはレントゲン撮りましょう」

と言われていませんか?
 
レントゲン(x線)を撮れば全てが判る。
そんなことはありません。

レントゲンをバシャバシャと撮れば、保険点数によって病院が儲かる。
だから撮っている、ただそれだけの事です。

高齢者で変形がある場合や
骨折や腫瘍を疑う場合には、レントゲン(x線)撮影の意味があります。

しかし、腰痛のほとんどの場合、ムダです。
患者さんはただ不安にさせられるだけ。解決にはなりません。

そもそも、ほとんどの場合、画像と症状は一致しません。


10年間、整形外科に勤務した経験からお伝えしますと
腰痛の時に、

・レントゲン(x線)をバシャバシャ撮られて、
・マッケンジー体操を知らず、
・安静の指示を出し、
・湿布を出すだけ。

そんな病院・整形外科には行くだけムダです。
患者さんにとっても、財政難で圧迫してる医療財政にとっても。
(整形外科はどこも混んでいて、待つ時間が長いですし。)

ご高齢者の方がよく口にする
 
「あそこの先生は、レントゲンたくさん撮ってくれて、とても良い先生」
 
その認識間違ってますから。 (笑)



というわけで冒頭の図にもどりますと、、、


腰痛レントゲンガイドライン.jpgのサムネイル画像


海外ではすでにこのようなガイドラインが作られています。

腰痛時レントゲンを撮りまくる、またはレントゲンだけで診断を進めていく
マッケンジーを知らない

この2つだけでも、知識が古いままの病院・整形外科と思った方がいいかもしれません。
 

このページのトップへ