ネットでのご予約・会員登録の方はこちら
施術一覧
このような症状をお持ちの方
腰痛改善1.jpg

腰痛改善2.jpg

















HOME > この様な症状をお持ちの方 > ランニング障害

この様な症状をお持ちの方

ランニング障害

ランニング障害


「腰椎椎間板ヘルニア」

「変形性脊椎症」

「股関節炎」

「腸脛靭帯炎」

「膝蓋大腿関節炎」

「膝蓋靭帯炎」

「棚(たな)障害」

「Osggod-Schlatter オスグッド・シュラッター病」

「半月板損傷」

「変形性膝関節症」

「シンスプリント」

「コンパートメント症候群」

「アキレス腱炎」

「アキレス腱周囲炎」

「こむら返り」

「足底筋膜炎」

「扁平足障害」

「モートン病」

「母趾種子骨障害」

「外脛骨障害」

「疲労骨折」

「肉離れ」


などなど 多岐に渡ります。 まずはご連絡ください。

(原因が腰にある場合があります。)

腸脛靭帯 ストレッチ

腸脛靭帯

白い部分が「腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)」です。

「腸骨」と「脛骨」を結ぶ組織(靭帯)なのでこのように呼ばれます。



ランナーの方から、「腸脛靭帯ってどのようにストレッチをすればいいですか?」という質問を受けます。

口で言うと難しいのですが、、、、図解すると以下のようになります。

ITband1.GIFITband2.GIF

股関節の部分を沈ませるイメージで行なうとうまくいきます。


stretch-tensor-fascia-latae-it-band.jpg
上のように壁を利用するやり方と、下のように机くらいの高さの台を利用するやり方があります。
it.band.gif
腸脛靭帯と名付けられているくらいですから、

「靭帯」

です。

靭帯そのものは伸び縮みしません。
筋肉みたいに弾力性のある組織ではないのです。

(人体の解剖をした事がありますが、この腸脛靭帯は厚さ3mmくらいあります。)

腸脛靭帯は大臀筋(大殿筋)と大腿筋膜張筋から始まって脛骨につながっています。

あくまでもストレッチをするのはこの「筋肉」です。

・大臀筋(大殿筋)
・中臀筋(中殿筋)
・大腿筋膜張筋

以上の3つの筋肉がストレッチされるのを意識して行いましょう。

股関節を沈める方向を微妙に変えると、これらの筋肉が伸びるのが体感できます。

他にもコツがありますので、よくわからない場合は、来院した時にご説明します。

棚(たな)障害

ジャイアンツ時代の松井秀樹選手が悩まされた事でも有名です。

滑膜ヒダという部分が生まれつき大きい人や、
膝のアライメンとが崩れた状態で、曲げ伸ばしを繰り返す人に起こる障害です。

ランナーに非常に多く見られます。



鍼灸/炭酸ミスト/マイクロカレント/サイバーウェーブ/超音波/ReFa 

で対処・治療していきます。


腰椎の椎間板症が背景にある方は、併せて椎間板の治療をしていきます。
(フレクションテーブル/クラニアル)

アキレス腱炎

モートン病(モートン神経腫)

外脛骨障害

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

足底筋膜炎.jpg


足底筋膜炎2.jpg


ランナーに限らず、一般の方でも痛める場合があります。

足底のアーチが低下しているのが主な原因です。

足底の筋肉を緩め、中敷き(インソール)を入れましょう。

治療院では、
表面電極を用いた神経(足底神経&後脛骨神経)への低周波刺激
超音波療法/サイバー9000/炭酸ミスト
を用います

自宅での青竹踏みやゴルフボール踏みなども有効です。


シンスプリント

シンスプリント イメージ.jpg

正式名称を「過労性骨膜炎」と言います。

脛骨という足の脛(すね)の骨に受けたダメージが蓄積されて発生します。

シンスプリントイメージ2.png

主に「後脛骨筋」という筋肉にダメージが集中します。
症状が進むと疲労骨折につながります。

シンスプリント.gif


シンスプリント部位.jpg


扁平足で足のアーチが低下している人は特に要注意です。


土踏まず.jpg

地面からの衝撃を吸収できずに、疲労が蓄積していきます。

腸腰筋が固い人も要注意です。
膝にねじれが生じ、下腿部に負担がかかります。

意外な原因に、腰の椎間板症などが隠れている場合があります。
その場合、腰の治療が必要となります。

鍼灸/低周波鍼通電療法/超音波/マイクロカレント/サイバー9000/ReFa for BODY /炭酸ミスト
などを用いて、後脛骨筋・ヒラメ筋・足底アーチに関わる筋群などを緩めていきます。



このページのトップへ